この2017年モデルの新型 ipad が発売された時に、買うか買わないか迷った事でしょう。と言うより、今迷っておられるあなた、これは買いで決まりです。なぜそういうのでしょうか? 具体的な魅力を体験談を込めて説明させていただきます。

Liveフォト
Apple 製品使用しておられる方や新しい iphone 持っている方は既にご存知かもしれません。Liveフォトとは カメラのシャッターボタン押す前後1.5秒ずつが動画として保存される機能です。つまり、映像と音声が両方ともにしかも自動で保存される機能なのです!と、ここまで説明を読んでもあなたはこの機能にあまり魅力を感じないかもしれません。

しかしこれは素晴らしい機能です。

 

例えば、家族で旅行に出かけたとします。海を泳いでいる姿や、川で水遊びをしている子供たちをあなたは上手に写真に収めることができますか?きっと難しいでしょう。できるかもしれませんが、声をかけてその場で立ち止まってもらい、遊んでいる姿ではなくて直立不動の姿を写真に収めるに違いありません。しかしそれでは、その場の雰囲気が伝わってきませんし、面白くありません。こんな時に、Liveフォトが活躍します。声をかける必要なんてありません。

自分が写真や映像に収めたいと思った瞬間にシャッターボタンを押せば完了です。ボタンを押したときの前後の映像と音声が保存されるわけですから、自分が保存しておきたい場面を取り逃がすことはありえません。しかもその時の笑い声や鳥のせせらぎ、川の音もしっかりと入っています。後で振り返った時に笑える動画が撮れるのは間違いなしです。 ちなみに動物に「今から写真撮りますよ」と言っても止まってくれませんから、動物を家族のように大切にしておられる方にもLiveフォトはお勧めです。

ぶれることを心配する必要など一切ありません。最高です。しかも、エアードロップでLiveフォトの写真を遅れば、ほかのipadユーザーもLiveフォトとして見ることができます。

 

分割画面

この機能は2017年の新型 ipad だけ使える機能ではありません。しかしながら、でちょっとした word エクセルで作業をした人には、この ipad をお勧めします。もちろん長文の文書や編集をするのであれば他のパソコンの方が画面の大きさも大きいので作業がしやすいでしょう。しかし簡単な文章や編集であれば ipad の方が断然便利です。なぜなら左画面で例えばワードを表示したとしましょう。

そして右画面には、左でワードを編集する際に必要な情報を、表示させることができます。そうすることによって右側の情報を見ながら左側でワードに書き込むことができます。そしてそのワードの資料をもしコピーによって作り上げていきたいのであれば、分割画面を使わない理由はありません。右側でタップしてコピーし、左側に貼り付ければ良いだけです。

 

スペックの高さ

この ipad にはA9チップが使われています。もう一つ機能が上の ipadproであれば、A9Xチップが使われています。つまり、ipadproには及ばないものの、それに近い性能を低価格で手に入れることができるのです。 しかも¥37,800です。Ipadair 2と比較してみると、 はっきり言って歴然としたしたは感じ取ることができません。しかしそれより前に発表された ipad と比べると、さくさく感が全然違います。特に重いアプリを使用している時には、その差を確認することができます。

 

androidとの違い

これは説明するまでもありません。例えばandroidで word の作業をしていたとしましょう。まず動作が遅いので表示するのに少し時間がかかります。しかしこの新型 ipad ですと、androidで表示するの待っている間に、既に word の作業始めることができます。しかも、 androidでは1つのタブを開いてコピーし、その後別のタブに移動してワードを表示した後、コピーした内容貼り付けることができます。

新型 ipad ではその作業を一瞬にして同じ画面の中で行うことができます。忙しい中で資料作成しなければいけない人達は迷うことなく新型 ipad を買うべきです。お財布にも優しいです。 android で高スペックのタブレットを買おうとすれば3、4万円するのは同じではないでしょうか?

実際私も以前は ipad に見向きもせず android だけを使っていました。しかし今回の新型 ipad の価格設定に心を動かされ購入してみましたが、さくさく感が本当に違います!きっと次からは android に戻ることができないと思います。

 

まとめ

もちろん ipad、 そして android のタブレット、それぞれに良さがあると思います。しかし、それぞれの価格の違いが少なくなってきた今、新型の ipad を購入し試してみるのも一つの選択肢だと言えるのではないでしょうか?

そして試した後に、自分の使ってみた経験を通してどちらのタブレットが良いかをしっかり比較衡量することができます。

 
もっとインターネットを自由に!
モバイルルーター 比較